がん保険で注意すべき点

がん保険で最初に注意したいのが告知時の給付金です。万が一がんと診断されてしまうと治療によってしばらく仕事ができなくなったり、また治療自体に大きなお金がかかる場合があります。

また、いくつかの治療選択肢があったときにお金の心配をせずに選択ができるのは精神的にも良いといえます。手術給付金についてはそれほど重視しなくて良いでしょう。理由としては手術は何度もする事は稀であり、大きなお金がかかっても高額医療控除で月の限度額もあるので大きな問題にはなりません。入院給付金は手厚い方が安心です。手術はなかったとしても色々な検査や抗がん剤治療などで長期的に入院する可能性があるからです。

また、ある程度治療に慣れてくると通院の回数が増えるので通院にも給付金がでるタイプが安心です。がんとの闘いは長期戦になる事が非常に多いので、入院や通院に対して手厚いがん保険を選ぶ事が大切になります。

最後に先進医療のオプションをつけられるタイプについてですが、金額的には従来の保険額に数百円程度の上乗せで付加する事ができるのですが、実際に使用できる例がかなり少なく、使用できたという方は少ないのです。しかし負担は少ないので安心料として考えればコストパフォーマンスは悪くないと思います。